VimでMarkdownを書くの便利なプラグイン

はじめに

私はプログラマーではないですが、なんとなくカッコイイからという理由でvimを使っています(しかもwindowsで…)。このブログの記事の草稿はMarkdown記法で書いているのですが、vimでMarkdownを書くのに便利なプラグインがありましたのでご紹介します。


mdforvim

リアルタイムプレビューやHTML変換がこれひとつで可能です。
VundleとNeoBundleでのインストール方法はREADMEや製作者様のブログに記載されておりますのでそちらをご参照ください。私はdeinを使用しているので、deinでのインストール方法について書いていきます。

インストール(deinの場合)

dein.tomlに以下を追記

[[plugins]]
repo = 'kurocode25/mdforvim'

vimを起動し以下コマンド実行

:call dein#update()

以上でインストール完了です。特に難しいことはないですね。


使い方

機能としては以下の3つがあります。

  • Markdownで書いている文書をリアルタイムでブラウザに表示

コマンド

:MdPreview

止めるときは

:MdStopPreview
  • 現在編集中の文書をHTMLへ変換

コマンド

:MdConvert

HTMLをMarkDownへ戻すコマンドはないようなので、間違えたら”u”で戻しましょう

  • HTMLファイルの出力

コマンド

:MdSaveAs <ファイル名.html>

さいごに

vimは学習コストが高いですが、慣れると本当にすばらしいエディタだと思います。マウスを触る必要がほとんどなくなります。まだまだ自分も使いこなせているとは言えないですが、vim愛だけは人一倍強いので、これからも布教のためにvim関連の記事を書いて行きたいと思います。

カテゴリーvim

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です